CATEGORY

子どもの居場所

  • 2020年3月27日

栃木 ストレス発散の場に 真岡市で校庭開放開始

3月27日 朝日新聞デジタル:栃木)ストレス発散の場に 真岡市で校庭開放開始 記事抜粋 真岡市教育委員会は25日、すべての市立小中学校の校庭を自校の児童、生徒に開放した。休校でなまった体を動かしてストレス発散をしてもらおうと、月末まで受け入れる。

  • 2020年3月13日

虐待、ネグレクト、自傷行為…臨時休校で「課題ある家庭」のリスク高まる/沖縄

3月6日 琉球新報:虐待、ネグレクト、自傷行為…臨時休校で「課題ある家庭」のリスク高まる/沖縄 記事抜粋 新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休校中の学校関係者や児童福祉関係者から、家庭の困窮で食生活に不安がある生徒や、精神的に不安定な生徒など問題を抱えた生徒が長期間休むことに懸念の声が上がっている。民生委員・児童委員に集団活動を自粛するよう申し入れた自治体もあり、子どもの見守り活動に支障が出 […]

  • 2020年3月12日

クックパットが「臨時休校に伴う家庭の料理負担」のアンケートを実施

クックパッドが、臨時休校になった小中高校に通う子どもを持つ親448人を対象に行った「臨時休校に伴う家庭の料理負担の実態調査」の結果についてまとめています。臨時休校で家庭での料理の負担が増えたと答えた割合は8割に。困っている理由には「学校給食のようにバランスの取れた献立を考えるのが難しい」などが挙げられています。 クックパット|「臨時休校に伴う家庭の料理負担の実態調査」を実施 80%が料理の負担増を […]

  • 2020年3月9日

特別支援学校も休校、保護者「もっと支援を」

3月6日 京都新聞:特別支援学校も休校、保護者「もっと支援を」 新型コロナ影響、増す家庭の負担 記事抜粋 新型コロナウイルス対策で休校する滋賀県内の特別支援学校に通う児童や生徒らの保護者らが、急きょ自宅での子どものケアが必要となり、対応に苦慮している。各学校は家庭への聞き取りなどでニーズの把握をし、必要に応じて子どもの預かりを行うが、保護者は「もっと家庭の負担を減らす対策をとってほしい」と訴える。

  • 2020年3月9日

滋賀県 障害ある子への影響大きく 一斉休校から1週間

3月8日朝日デジタル:滋賀)障害ある子への影響大きく 一斉休校から1週間 記事抜粋 滋賀県内の県立学校での「一斉休校」が始まってからまもなく1週間。障害のある子どもへの影響は大きく、保護者や現場からは切実な声が上がっている。

  • 2020年3月8日

【3/8】大阪市・学童保育代わりの独自事業「いきいき」が休止、保護者ら戸惑い

2020/3/8 産経新聞 市の独自施策「児童いきいき放課後事業(いきいき)」。 厚生労働省は休校に伴い、学童保育については原則開所するよう各自治体に要請したが、市独自の預かり事業である「いきいき」は市の判断で休止に。保護者らに戸惑いが広がっている。 松井市長 「子供の感染拡大を防ぐため臨時休校とする中、校内で『いきいき』だけ実施するということはできない」

  • 2020年3月5日

新型コロナによる臨時休校、「子どもだけで留守番」が40%以上

記事リンク:https://www.bcnretail.com/market/detail/20200304_160294.html 今回の臨時休校を評価するかを尋ねたところ、「評価する」が21.0%、「一部不満はあるが評価する」が58.9%、「評価しない」が20.1%だった。 臨時休校への対処方法を尋ねた質問では、「子どもだけで留守番」が43.8%と多かった。また、「子どもを預ける」が41.0% […]