仙台市教職員組合| 臨時休校に係る新年度の各種事業に関する要請書を市教委に提出

この情報は送信フォームから寄せていただき、掲載の許可をいただきました。「全国学力・学習状況調査」の実施についても要請している点が特徴的です。仙台市教職員組合のみなさん、ありがとうございます。


2020年3月6日
仙台市長 郡  和子 様
仙台市教育委員会教育長 佐々木 洋 様
教育委員各位

仙台市教職員組合
執行委員長 高橋 愛一郎

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための臨時休校に係る新年度の各種事業に関する要請書

常日頃から仙台市の教育行政の先頭に立ち,子どもたちによりよい教育を実現するためご努力されていること,また仙台市に働く教職員の労働条件の向上に尽力されていることに敬意を表します。
さて,新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染は,世界的に猛威を振るい国内でも日々感染者数が増え続けています。2月28日,仙台市教育委員会は3月2日から3月24日までを臨時休業とする緊急通知を仙台市立学校長宛に発出,併せて,休業期間中は子どもたちの不要不急の外出を回避すること等をお願いする保護者宛のお知らせを発出しました。
現在,保護者が仕事で休めず,自宅等にて一人で過ごさざるを得ない小学校1〜3年生及び小中学校特別支援学級に在籍する児童生徒が,本来登校すべき日について通常の在校時間の間,学校を居場所として「活動」しています。その他の児童生徒は,自宅等にて外出を控えながら非日常的な生活を過ごしています。このような生活に起因するストレスが子どもたちの心身に与える影響を心配する専門家の意見が,マスコミ等で紹介されています。
新年度の学校生活が予定通り4月8日から始まるか予測がつかない中,各学校は,夏休み前に計画していた修学旅行や野外活動を2学期に延期する等の措置を講じています。新年度が開始されたならば,私たち教職員は何よりもまず,今回の臨時休業等により不安定になるであろう子どもたちの生活リズムを整え,通常の学校生活に戻れるようにするための支援に注力すべきと考えます。
つきましては,今回の非常事態に鑑み,新年度初めの学校生活を円滑にすすめることのできるよう,以下の要請をいたします。

1.「仙台市標準学力検査並びに仙台市生活・学習状況調査」を中止すること。
2.「全国学力・学習状況調査」に参加しないこと。
3.夏季休業まで,研修(悉皆を含む)や説明会,協議会,委員会等を削減すること。

以上