CATEGORY

声明・談話

  • 2020年3月11日

日本労働弁護団|新型コロナウイルスに関する労働問題についての緊急声明(3/11)

3月11日、日本労働弁護団は「新型コロナウイルスに関する労働問題についての緊急声明」を発表しました。 労働者の収入の確保、コロナ対策を理由にした解雇・雇い止めをしないこと、労働者の休む権利の保障、自宅勤務や時差出勤、時短勤務を柔軟に認める働き方についてなどが声明にまとめられています。

  • 2020年3月8日

日本環境教育学会「新型コロナウイルスに関連した感染症対策への対応に関する緊急声明 『子どもたちが「外で遊ぶ権利」を最大限保障してください』」

2020年3月7日、一般社団法人 日本環境教育学会が 新型コロナウイルスに関連した感染症対策への対応に関する緊急声明を発表しました。 声明抜粋 子どもたちの心身の発達にとって、自然環境の中で学び・遊ぶことは極めて重要です。日本環境教育学会として政府並びに自治体・教育委員会、及び子どもを預かる各種施設や家庭等のみなさんに、「子どもたちが「外で遊ぶ権利」を最大限保障」することを求めます。

  • 2020年3月4日

日本音楽家ユニオン「新型コロナウイルス感染症に関しての声明」

2020年3月4日、日本音楽家ユニオンは「新型コロナウイルス感染症に関しての声明」を発表。 音楽家をはじめとする実演家やイベント主催者の多くが、感染拡大の防止という目的のため、公演の延期、中止(キャンセル)を受け入れたにも拘わらず、出演者へのキャンセル料等が支払われない事例もあり、主催者側と納得できる形でキャンセル代が払われること。 国は正規・非正規だけでなく、音楽家のようなフリーランスとして活動 […]

  • 2020年3月4日

岐阜教組が県教委に緊急申し入れ(2/28)

岐阜教職員組合は2/28、県教委に緊急申し入れを行いました。 岐阜教組の緊急申し入れはこちら 県教委の主な回答(ホームページより) 学校に行っている子どものいる教職員は業務軽減をはかり在宅勤務ができるように伝えていきたい(テレワーク等は不可)。 37.5℃以上の発熱が4日間あり感染していると診断されたら診断書提出で病休。  濃厚接触等、具体的に感染症リスクがある人に職専免。 非常勤講師について、関 […]

  • 2020年3月4日

全日本教職員組合|一方的に臨時休校を押しつけるのでなく、国の責任で十分な財政措置をとり、すべての子どもたちのいのちと健康・安全を確保できる体制の確保を

全日本教職員組合書記長談話「一方的に臨時休校を押しつけるのでなく、国の責任で十分な財政措置をとり、すべての子どもたちのいのちと健康・安全を確保できる体制の確保を」 http://www.zenkyo.biz/modules/opinion/detail.php?id=531