CATEGORY

各地の対応

  • 2020年3月27日

栃木 ストレス発散の場に 真岡市で校庭開放開始

3月27日 朝日新聞デジタル:栃木)ストレス発散の場に 真岡市で校庭開放開始 記事抜粋 真岡市教育委員会は25日、すべての市立小中学校の校庭を自校の児童、生徒に開放した。休校でなまった体を動かしてストレス発散をしてもらおうと、月末まで受け入れる。

  • 2020年3月23日

【3/23】東京都 “学校での感染なし”新学期から授業再開へ 

2020/3/23 テレビ朝日ニュース / 東京都は23日、これまで学校内での接触が原因となった感染が都内では確認されていないことから、都立学校を新学期から再開することを明らかにしました。都内の区市町村にも同様の動きを求めるということです。

  • 2020年3月23日

【3/22】土日休み平日定時…一斉休校で先生の働き方一変

2020/3/22 西日本新聞「土日休み平日定時…一斉休校で先生の働き方一変」/22日付けの西日本新聞が「一斉休校」に関わる学校の様子を「教員の働き方」の観点で記事にしています。「全国一斉臨時休校」の終了が見え始めている中で、新たな視点を提起しています。

  • 2020年3月20日

京都市 小中高と幼稚園、4月に授業再開 臨時休校穴埋めで7時間授業の学校も

3月19日 京都新聞:小中高と幼稚園、4月に授業再開 臨時休校穴埋めで7時間授業の学校も、京都市教委 記事抜粋 京都市教育委員会は19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止で臨時休校している市立の全学校と幼稚園について、4月の始業式から再開すると発表した。小中学校で学年内に終わらなかった授業については、4月以降の1学期に7時間授業の実施や夏休みを1日短縮して充てるなどして対応する。

  • 2020年3月19日

宮城・涌谷3/18から授業再開 小中4校 臨時休校後、東北初

3月18日 河北新報:宮城・涌谷きょうから授業再開 小中4校 臨時休校後、東北初 記事抜粋 宮城県涌谷町教委は17日、新型コロナウイルスの感染予防策として臨時休校している町内3小学校と1中学校の授業を、18~24日に実施すると発表した。各県教委によると、安倍晋三首相の要請を受けて休校となった学校が再開するのは東北で初めて。 同町では19日に3小学校の卒業式がある。町教委教育総務課の熱海潤課長は「1 […]

  • 2020年3月19日

宮城県 仙台市、独自の学力検査取りやめ

3月18日 河北新報:仙台市、独自の学力検査取りやめ 記事抜粋 仙台市教委は17日、4月21日に予定した市独自の標準学力検査の実施を取りやめると小中学校に通知した。新型コロナウイルス感染拡大による臨時休校の影響で、本年度の学習指導を終えていない学校があるため。今後、感染者の発生状況などを踏まえ、延期か中止かを判断する。

  • 2020年3月19日

兵庫県 休校延長か再開か、県内割れた判断 “横並び”に疑問も

3月18日 神戸新聞ネット:休校延長か再開か、県内割れた判断 “横並び”に疑問も 記事抜粋 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた学校の臨時休校を巡り、兵庫県内の自治体では、休校を延長するか再開するか判断が分かれた。神戸市など多くの自治体が23日まで延長するという県の方針に従う一方、明石市や豊岡市など5市町は再開を決定。休校が続く学校現場からは「国や県の意見に従うしかないのか」と、“横並び”への疑問 […]

  • 2020年3月19日

涌谷町長「政治決断」 臨時休校から約2週間…涌谷町内4つの小中学校で授業再開 宮城県内で初めて解除

3月18日 仙台放送:涌谷町長「政治決断」 臨時休校から約2週間…涌谷町内4つの小中学校で授業再開 宮城県内で初めて解除 記事抜粋 宮城県涌谷町は、新型コロナウイルス感染の予防策として続けてきた、小中学校の臨時休校を県内で初めて解除し、3月18日、授業を再開しました。涌谷町長は、休校による子供と保護者の負担解消を目指し、決断したと話しています。 涌谷町 遠藤釈雄 町長 「子供たちはかなり心理的な影 […]

  • 2020年3月17日

「卒業式に保護者が出席できないのは納得できない」保護者らが神戸市教委に申し入れ

3月16日 MBSニュース:「卒業式に保護者が出席できないのは納得できない」保護者らが神戸市教委に申し入れ 記事抜粋 新型コロナウイルスをめぐり、神戸市の市立小学校に通う児童の保護者らが「3月24日の卒業式に保護者が出席できないのは納得できない」として、3月16日に神戸市教育委員会に申し入れを行いました。