【4/29】学校「夏休み短縮」、自治体の半数超が検討…休校分の授業確保

2020/4/29 読売新聞 全国の121自治体(47都道府県、小中学校を所管する46道府県庁所在市、政令市、東京23区)を対象に読売新聞が「休校で失われた授業時間の確保策」について調査。その結果として半数を超える63自治体が、「夏休み短縮」で学習の遅れを取り戻すことを検討していることを報じています。